ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきびについて

ターンオーバー

ターンオーバーとは、表皮の生まれ変わりの事を言います。

【生まれ変わる肌】
表皮細胞が、基底層のところで新しく生まれ変わって、
約1ヶ月かかって角化し角質細胞になって垢となり剥がれます。

このサイクルが、ターンオーバーです。

古い角質、硬くなってしまった角質をピーリングなどで落とそうとすると、まだ角質化していない角質も無理やりはがしてしまう事にもなってしまいます。

そうなるとお肌は、角質を早く作ろう!

と働きますから、ターンオーバーが早くない、未熟な状態のまま
ターンオーバーを繰り返す事になります。

未熟なまま、ターンオーバーを繰り返すことで、丈夫できれいな角質ができず、お肌がどんどん弱ってしまうという事も考えられますから、
角質を取るときには十分に気をつけて、行わなければなりませんね。

角質のケアをするときには、保湿も十分に行うことが大切です。

【肌への負担】
せっかく綺麗になるためにする角質ケアですから、
ターンオーバーの事も考えて、肌に負担が少なくなるように
気をつけましょう。

保湿ケア用品も、なるべく無添加のものが良いですよ。

ひと口に基礎化粧品、角質ケア化粧品と言っても色々ありますが、
自分のお肌に合うものを選んでくださいね。

お肌に合わないものは、どんどんお肌に負担がかかってしまいますよ。

インターネットで口コミなどを参考にしながら、サンプルなどを
取り寄せて実際に自分で使ってみて良いものを選んでくださいね。

そして、ターンオーバーにあわせてお肌のケアも上手にしましょう。

ニキビ跡の特徴

ニキビは決して思春期くらいの若い人だけの悩みではなく、
最近は大人ニキビで悩む人も増えています。

【大人にきび】
そして、思春期の頃のニキビは綺麗に治ったのに、大人になってからの大人ニキビは、ニキビ跡としてお肌に残ってしまっている・・・
なんていうことで悩んでいる人も多いようです。

また、思春期の頃はあまりニキビに悩むことがなかった乾燥肌の人が、大人になってからの大人ニキビで悩んでいるということも多いそうですよ。

ニキビ跡には、赤っぽかったり、黒っぽかったりするシミのような
ニキビ跡と、凸凹になってしまっているニキビ跡があります。

シミのようなニキビは、毎日のスキンケアに気をつけることで、
時間はかかりますが綺麗に治すことができます。

皮膚科で相談されても良いとおもいますよ。

しかし、凸凹になってしまっているニキビ跡については、なかなか
治すことができません。

【レーザー治療】
最近では美容外科の技術も進み、色々な治療法もありますが、
レーザーなどによるニキビ跡消しには、リスクを伴うことも
覚えておかなければなりませんね。

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどというように
種類があるのですが、ニキビ跡になりやすいニキビは、
赤ニキビと黄ニキビです。

できてしまう場所もお顔が目立ちやすいですが、胸や背中などにも
できてしまいますね。

ニキビを作らないことがニキビ跡を作らないこと、ニキビが出来てしまったら悪化させないことがニキビ跡を作らないことですから
スキンケアをしっかり、そして睡眠不足や食事のバランスにも
気をつけましょう。

ニキビと清潔

ニキビ跡は、ニキビを悪化させてしまうと傷跡となって残ってしまいます。
そして、ニキビは、一度良くなってもすぐにまたできてしまうなど
厄介なものです。

【細菌感染】
ニキビを作らないためにも、そして、ニキビを悪化させないように
するためにも、常にお肌の清潔を保ち、手や髪の毛なども細菌感染の
原因とならないように清潔にしておくことが必要です。

顔を触る癖がある人や、枕カバーを何日も変えない人、
布団に潜って寝る人などは特に要注意です。

ストレスが溜まりやすい人、睡眠不足な人、飲酒や喫煙をする人は
皮膚に細菌が繁殖しやすくなりますから、注意が必要ですね。

また、女性はお化粧をしますよね。

そのお化粧もニキビの原因となります。

【厚化粧】
ニキビやニキビ跡をかくしたいがために、お化粧が厚くなってしまうと
お肌には悪影響ですし、洗顔してもお化粧がお肌に残っていると、
ニキビの原因となってしまいます。

化粧を落とす時には、クレンジングでしっかりと落としましょう。
その際のクレンジングもきちんと洗い流すことが必要です。

洗顔用化粧品やせっけんで、お顔の汚れをきちんと洗い流しましょう。

またニキビがある場合は、ニキビをひっかいてしまったりしないように、
慎重に洗うことが大切ですし、お肌に刺激のすくない洗顔用化粧品を
使って下さいね。

お化粧をおとし、洗顔した後は、しっかりと保湿しましょう。

化粧水で保湿し、美容液でさらに覆うようにします。
油分のないものが良いですね。

ニキビ跡とセルライトの共通点

ニキビ跡とセルライトは全く違うものですが、ちょっと視点を変えてみると、面白いように共通点があるんですよ。

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが溜まって出来てしまいます。
そして、ニキビを悪化させてしまうと、お肌が凸凹とクレーターの
ようになってしまいます。

お肌が凸凹してしまうというと、セルライトもそうですね。
セルライトは、お尻や太ももなど、脂肪が多い部分が、オレンジの
ように肌が凸凹してしまっている減少を言います。

これは、脂肪と老廃物の塊だそうで、一度できてしまうと、自然に
消えることはなく、やせにくいからだになってしまうということで
問題となっているのです。

ニキビ跡も、セルライトも、凸凹してしまうと、永遠に治らない
という点で、厄介なものですね。

凸凹のニキビ跡やセルライトを消す方法は、美容整形などの方法が
ありますが、美容整形に頼らなくても良いように、その前に何とかしたいということでも、ニキビ跡とセルライトは共通点があります。

そして、ニキビ跡もセルライトも生活習慣の乱れや皮脂の多い食べ物の摂り過ぎによって起こりますよね。
一緒ですね。

ニキビ跡にならないようにするためには、ニキビにならないように
予防することが必要ですし、セルライトを作らないようにするには
太らないようにすること。

ニキビ跡とセルライトを予防するためには、規則正しい生活をすること、脂っこい食事を控え、栄養バランスに気をつけた和食中心の
食事にすること、そして適度な運動をすることが必要です。

ニキビ跡と悩み

ニキビやニキビ跡で悩んでいる人も多いと思います。
ニキビやニキビ跡による凸凹のお肌や、赤ら顔の悩みはなるべく早く解消したいですね。
若いときのニキビ跡に、永遠に悩んでいる・・・と言う人も多いことでしょう。
まず、ニキビを作らないように予防することが大切ですし、ニキビ跡になってしまっているお肌も、毎日のスキンケアをしっかりとし、新たなるニキビを作らないようにすることも必要です。

ニキビが出来てしまうと、手でつぶしたくなってしまいますが、手や髪の毛が患部に触れることで細菌が繁殖する可能性が大きく、炎症が悪化してしまい、化膿し、ニキビが治ってもニキビ跡としてのこってしまいます。

ですが、皮膚科やエステなどでは、ニキビをつぶしてくれるところもあります。
ニキビをつぶすことが悪いということではなく、感染を起こすことが問題です。
ニキビ跡として残ってしまいますからね。
ニキビ跡って厄介です。傷跡と同じですものね。

ニキビ跡でも、軽いものであれば、お肌の自然の治癒力で時間はかかりますが治りますよ。
しっかりと毎日洗顔し、化粧水などで保湿をしてあげましょう。

ですが、お肌が凸凹にクレーターになっている場合や、しこりやケロイドがめだってしまっているものは、お肌が取り返しのつかない状態になってしまっています。
綺麗に治したいと思ったら、皮膚科や美容外科などに相談した方が良いでしょう。

出来てしまったにきびは、お肌を清潔にすることを心がけて、自分ではつぶさないようにすること、綺麗に確実に治したい場合には、皮膚科の薬を使うなどきちんとしたケアをすることで、後々、ニキビ跡で悩んでしまうなんていうことから免れることができそうです。

ニキビ跡と年齢

ニキビ跡が気になるという人は、男性よりも女性が多くなっています。
若い頃のニキビ跡が残ってしまっていると、お化粧をしても実年齢よりも老けて見られてしまったりします。
これって、悩みですよね・・・。

ニキビ跡には二種類あって、一つは色素沈着を起こした黒っぽいにニキビ跡がシミのようになっているものと、ニキビ跡が凸凹になっているものがあります。

どちらも厄介なものです。
お化粧品などで、「ニキビ跡を消すことができます」なんていう化粧品がありますが、実際はなかなか難しいものです。
シミのようになってしまったものであれば、毎日のスキンケアによって薄くすることは可能です。

お肌に負担の少ないスキンケア用品を使い、紫外線をシャットアウトすることでシミが濃くなってしまうのを防ぐことができますし、薄くすることができます。

しかし、凸凹になってしまったニキビ後は、自分で何とかしようとおもうと、上手く行かずに後々後悔してしまうことにもなりかねません。
どうしてもニキビ跡があると、老けて見られてしまうということや、スベスベお肌を取り戻したいということから自分で色々してしまい、ニキビ跡を余計に酷くしてしまう人もいます。

ニキビ跡を綺麗にしようと思う場合には、皮膚科で相談するのが良いですね。

ただ、皮膚科や美容外科で最先端のレーザ治療やケミカルピーリングを行う場合も、リスクがあることを頭に入れておくことが必要です。

まずは、今以上にニキビ跡を酷くしてしまわないためにも、お肌のスキンケアをしっかりと行うことが必要ですね。

にきび跡を消すには

にきび跡を消すには、皮膚科ごとや、美容整形ごとに様々な方法が考案、
そして実践されてきています。

にきびは、洗顔などでも治していく事ができるのですけれども、
にきび跡が残りやすい人もいるわけです。
にきび跡を消すと簡単に言っても、うまく消すのは、
一般の方には非常に難しいでしょう。

ピーリングという、化学的な効果を及ぼす方法が、
にきび跡を消す方法の一つとして注目されてきています。
このピーリングによって、角質を取る事によって、治療できるというのですが、
実際はどうなのでしょうか?

にきび跡は、そう簡単には消すことができませんが、
新しい肌の組織が生まれ変わるような環境を整えてあげる事によって、
にきび跡を消す事は可能なのです。

特にそうした化粧品は一般的にも販売されていますので、
こうしたものについて、是非注目してみてください。

特にアレルギー性を低くして、安全性を高めた、
グリコール酸が含まれている化粧品が良いと言われています。
にきび跡も消す事が出来れば、あなたの肌も大幅な改善が望めます。

にきび跡が、クレーターに。

にきび跡が、クレーターになって残ってしまう、という症状に悩まされている人が少なくありません。
このクレーターができる事によって、体、特に顔に多くの凸凹ができてしまうため、見栄えが非常に悪くなります。
クレーターができるという事が、アレルギー症状などによるものでなければ、それは、生命にも支障はないのですけれども、このにきび跡にコンプレックスを抱く人が少なくないのです。
にきび跡のクレーターは、もちろん、にきび跡を端に発している症状です。
できてしまったにきび跡が、何度も炎症を起こし、さらには化膿してしまったりすることによって、にきび跡は起こり、最終的には、肌の深部にまでその傷がついて破壊されてしまうのです。
結果クレーターになってしまうのですね。
にきび跡のクレーターは、肌の深部まで傷付いてしまっている事から、そう簡単に治せるものでないかのようです。
ですが、実際のところはどうなのでしょうか? 
本当に、にきび跡やクレーターは、一生付き合っていかなければならないのでしょうか?

にきびの予防には睡眠を。

しっかり寝ないと肌が荒れてにきびが増えるというのは、皆さんよく知っていると思います。
でも、現実はどうでしょうか。きちんと睡眠を取っていますか。
働く女性の場合、平日の睡眠時間が4~5時間で週末に寝だめする方が多いようです。
体はそれでもいいかもしれませんが、お肌にとっては×です。にきびも増えてしまいます。
寝不足と寝だめの生活を繰り返すのがいちばんよくありません。
私たちのお肌の細胞は4週間で生まれ変わります。(ターンオーバーと呼ばれます。)
しかも、お肌の再生は昼間は行われません。夜の間だけ再生活動がおこるのです。
私たちは、眠り始めてからの3時間にいちばん深い睡眠に入ります。この3時間がとても大切でこの時間に成長ホルモンが分泌されてお肌のターンオーバーが活発になりにきびにも効果がでます。
そして、3時間のあとは徐々に眠りが浅くなっていき、覚醒にむかいます。
睡眠時間が何時間必要か。
個人差はありますが、最低6時間できれば7時間くらいの睡眠はとるようにしましょう。
そして、体内時計もホルモン分泌に関係しますので、毎日同じ時間に布団に入るようにしましょう。
布団に入ってもなかなか眠れない、また、深い眠りに入れない人は、寝る前の入浴やアロマテラピーを利用してみましょう。
睡眠中の体は、手や足の末端から体温を放出することで体温が1度ほど下がります。そして、体温が急に下がるほど睡眠が深くなると言われています。
なので、お風呂に入って体が温まってから寝ると体温が下がるので、深い睡眠が得られるのです。

にきびとお化粧|にきび跡の治し方

にきびには、お化粧はよくない。」
「する時は、ファンデーションをつけずに、口紅やアイメイクのポイントメイク」

と言われていますが、皆さんはどうですか。
私もなんとなく分かるけど、にきびがあるからこそ、お化粧でカバーしたいのにと思います。

しかも、にきびができる年頃は、メイクにも興味を持ち始める年頃で、友達が流行のメイクをバリバリにしているのに、自分だけがノーメイクなんてつらいですよね。
実は、ノーメイクで外出するほうが、お肌には良くないのです。
紫外線、汚れた空気、乾燥など、これらの刺激からお肌を守るためにも、ファンデーションは必要です。

にきびがあるからこそ、しっかりガードしなくてはいけません。

そのためには、ファンデーション選びが大切です。
使われている「油」がポイントです。質の悪い油のファンデーションは肌を傷めますし、にきびにもよくありません。いいものを選んでください。

20歳をすぎるとにきびはできない?|にきび跡の治し方

にきびは10代の思春期を過ぎると自然に治る人が多いですが、20歳を過ぎてからのにきびに悩む人も多くなっています。

20歳を過ぎてからのにきびアダルトにきびは思春期のにきびと比べると、少々やっかいです。
思春期のにきびの原因は、ホルモンのバランスがくずれることによる、皮脂の過剰分泌ですが、アダルトにきびの原因は、睡眠不足、ストレス、肌に合わない化粧品、無理なダイエットなど、さまざまな因子が複雑に絡み合っている事が多いです。

思春期には、にきびのなかった人が、社会人になってからにきびに悩むケースが増えています。
品質の悪いファンデーションを長時間つけていると、毛穴が詰まってしまいにきびができることもあります。思春期とは違い、乾燥肌なのににきびができることもあります。

アダルトにきびは、1回できるとなかなか治らないので、やっかいです。
思春期のにきびより、2倍、3倍の時間がかかります。そして、思春期の頃より新陳代謝が悪くなっているので、にきび跡が残りやすいのです。

にきびは遺伝する?|にきび跡の治し方

にきびのできやすい肌、できにくい肌があります。そして、それは遺伝に左右されるようです。
ご両親、祖父母、またはどちらかが若い頃にきびができやすかった人がいると、遺伝するようです。

にきびができやすい体質とは、皮脂の分泌が普通の人と比べて盛んということです。
つまり、オイリーな肌といういとになります。

にきびには、オイリーな肌はよくありませんが、歳をとっていくと、皮脂の分泌が少なくなるので、オイリーな人の肌のほうが「老けにくい」というメリットになります。

にきびの原因が遺伝からの場合は、対策がむずかしいと思われますが、歳を取った時は有利と思い、
生活習慣や食事に気をつける事が大切です。

白にきび、赤にきび、黒にきび|にきび跡の治し方

白にきび、赤にきび、黒にきび、にきびには3種類あります。

初期のにきびが黒にきびと白にきび、ひどくなると、赤にきびです。

黒にきび:皮脂で毛穴が詰まった状態ですが、毛穴は開いて詰まっている。そして先端が酸化して黒くなった状態です。

白にきび:皮脂で毛穴が詰まっていて、毛穴が閉じている状態。皮脂が詰まっているので、毛穴はふくらんで、全体が白いぽつぽつになります。

赤にきび:上の状態から、炎症を起こし、膿をもった状態でかなりの重症です。

にきびができるしくみ|にきび跡の治し方

にきびができるしくみを、簡単に言うと、毛穴が皮脂で詰まってしまい、炎症を起こしたり、雑菌が繁殖して化膿した状態のことです。

皮脂は皮脂腺で作られて、毛穴を通って分泌されます。
皮脂は皮膚を保護したり、肌に潤いを持たせるためには欠かせないものです。
バランスよく皮脂が分泌されていれば、にきびはできません。

ところが、遺伝やストレス、ホルモンバランスがくずれたりすると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
すると、毛穴から出てこれなくなり、詰まってしまいます。

皮脂が毛穴にたまってしまうと、細菌が繁殖して炎症をおこします。
この細菌が「にきび菌」または、「アクネ菌」などと呼ばれています。
にきび菌は常在菌といわれ、誰でも持っているものです。
毛穴に皮脂がたまると、これを養分として増殖し、炎症を起こすのです。