ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ ヒアルロン酸

ヒアルロン酸で保湿|にきび跡の治し方

にきびのスキンケアの基本は保湿です。
それでは、保湿するにはなにがいいのでしょうか。
ワセリンなどの油脂も保湿効果がありますが、ワセリンを塗るとべたべたになってしまいます。
最近は、「コラーゲン配合」「尿素配合」などもよく知られています。
10年程昔は、保湿には油分が含まれる乳液やクリームがよく使われました。

今、注目されているのが、「ヒアルロン酸」です。
ヒアルロン酸は、もともと私たちの身体内部の真皮に存在する成分で、保湿の役割をになっていますが、歳とともにどんどん失われてしまいます。
ヒアルロン酸が減少すると、真皮と表皮の水分量が低下して、張りが失われ、小じわ、たるみの原因になります。
そこで、ヒアルロン酸を外側から与えることで水分を補給して、肌を保湿して健康な肌を取り戻すことができます。
ヒアルロン酸の水分保持の力は、1グラムでなんと6リットルの水分を保てるのです。
このパワーで皮膚の水分を増やしてくれるのです。
ヒアルロン酸には、天然のものと、バイオ技術で合成したものがあります。
もちろん、天然のヒアルロン酸のほうが、保湿のパワーは強力です。