ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび治療薬

ピンプリット にきび治療薬C|にきび跡の治し方

ピンプリット にきび治療薬C」は、目立たずににきびを治療する無色タイプの外用薬です。
患部に塗ると透明になるため、外出時に塗っても目立ちません。
ピンプリット にきび治療薬C」は、開口、消炎、殺菌、の3ステップの作用でにきびを治療します。(開口:角質をやわらかくし、つまった毛穴を開き、皮脂の分泌をスムーズにします。

消炎:炎症をおさえ、患部の赤み、はれを和らげます。
殺菌:にきびの炎症や化膿の原因となるアクネ菌などの細菌をおさえます。)湿潤剤ヒアルロン酸ナトリウム配合で患部がカサつきにくい使用感です。
ピンプリット にきび治療薬C」は、オイルフリーですので、べたつかず、さっぱりとした使用感です。無香料。弱酸性。

ピンプリット にきび治療薬C

にきび治療のポイント
にきびを早く治療するために、生活面でも次のことに注意しましょう。

1 顔、背中、胸などの肌はもちろんですが、髪の毛や直接肌にふれる下着、タオル類も常に清潔に保ちましょう。

2 脂肪、糖類を控え、肌のためのビタミンB2、B6、カロテンなどを補給できるバランスの良い食生活を心がけましょう。

3 自律神経のバランスを整えるため、十分な睡眠、適度な運動、ストレスの少ない生活を心がけましょう。

4 にきびの部分に髪がかからないよう、ヘアスタイルに工夫し、にきびを手で触らないよう注意しましょう。