ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

にきび跡が残らないケア法|にきび跡の治し方

にきび跡が残るのは肌質にも影響しますが、にきびができたらひどくしないことが大切です。にきびをつぶすのは必ずしも悪いことではありませんが、注意しないといけません。

皮膚科の治療法で、にきびの初期段階で、芯だけを押し出す方法があります。皮脂で毛穴がふさがってしまうと、にきび菌(アクネ菌)が繁殖して化膿がすすみ、より深いところまで炎症を起こしてしまいます。そうなる前に、芯を取り出してしまうという事です。

ご自分で芯を出す時は、つめで押し出すとばい菌が入ってよけいひどくなってしまうこともあるので、専用の器具(スキンケアツール)の使用をお勧めします。

にきびの芯を出したら、マキロンなどで消毒してください。うまくでない時は、無理に出そうとせずに、皮膚科で治療してもらうほうがいいでしょう。

塗り薬で芯を出すには、イオウが配合されているにきび治療薬を選びます。自分で上手く出せない時は、このような塗り薬を使うのも大事です。
赤く炎症をおこしたにきび(赤にきび)は、自分では触らずに薬を塗ってください。
また、ビタミンCの補給もしてください。

洗顔する時に大事なのは、泡で洗うことです。決して、ごしごしこすらず、皮膚は動かさないように泡をくるくる転がすように、なでるように洗います。洗った後は、化粧水で整えます。

ニッピコラーゲン