ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

お尻にきびと黒ずみ|にきび跡の治し方

お尻にきびも顔のにきびと同じで、清潔を心がけることが大切です。しかし、お風呂で体を洗う時に、タオルや垢すりでゴシゴシこすってはいけません。にきびがある時にこすってしまうと、にきびが炎症をおこしたり、膿んだりして、かえって悪くなってしまい、にきび跡になって残る可能性があります。

お尻にきびの洗い方は、手のひらに石鹸の泡をたてて、こすらずになでるようにして洗いましょう。
この時に、にきびケア用の洗顔石鹸や洗顔フォームを使うのも良いでしょう。これらには、にきびの原因であるアクネ菌を抑えたり、皮脂を洗い流しても潤いを保つように作られているからです。

昼間の外出時は、デオドラントシートを持ち歩いて、お尻のべた付きが気になった時に、使用すると気持ちいいですし、にきび予防にもなります。

ただ、使いすぎると肌が乾燥する可能性もありますから、お尻がべたべたしてきたなと感じた時にだけ使うようにするとよいでしょう。
スーッと爽快な使い心地のクールタイプやパウダー入りでさらさらになるタイプなどがありますが、クールな使い心地のものは、メントールやアルコールなどが入っており、男性に人気なのですが、ニキビのある部分につかうと刺激が強いのでおすすめできません。
おすすめなのは、パウダー入りタイプです。お肌にパウダーが残るので、余分な汗や皮脂を吸収してサラサラ感が持続します。

できてしまったお尻にきびには治療薬をつかいましょう。L-システインは皮膚の新陳代謝を活発にするので、25歳以上の方には、L-システイン配合のものをおすすめいたします。

3ヶ月続けてみて、それでもどうしても改善されないようでしたら、皮膚科に相談してみましょう。