ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきびについて

にきびができるしくみ|にきび跡の治し方

にきびができるしくみを、簡単に言うと、毛穴が皮脂で詰まってしまい、炎症を起こしたり、雑菌が繁殖して化膿した状態のことです。

皮脂は皮脂腺で作られて、毛穴を通って分泌されます。
皮脂は皮膚を保護したり、肌に潤いを持たせるためには欠かせないものです。
バランスよく皮脂が分泌されていれば、にきびはできません。

ところが、遺伝やストレス、ホルモンバランスがくずれたりすると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
すると、毛穴から出てこれなくなり、詰まってしまいます。

皮脂が毛穴にたまってしまうと、細菌が繁殖して炎症をおこします。
この細菌が「にきび菌」または、「アクネ菌」などと呼ばれています。
にきび菌は常在菌といわれ、誰でも持っているものです。
毛穴に皮脂がたまると、これを養分として増殖し、炎症を起こすのです。