ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

にきび跡について

にきび跡についての情報を見つけました。

質問
15歳の中学3年です。3年前くらいからにきびが多くできるようになりました。
できるとすぐにつぶしてしまい、しばらくしてかさぶたになったところを
何回もむいているうちに、赤茶色になった平らな跡ができてしまいました。
どうしたら、治りますか。

回答
トリポロンが良いと思います。

「トリポロン」と「クリニセル」は形成外科専門医と、細胞生物学者によって開発されました。
これらが、傷痕の表面にぴったりとフィットして適度な圧力を加えたり、静電気エネルギーが傷痕の修復のための細胞活動を活性化することで、傷痕の赤味が消え、滑らかな肌になります。

にきび跡の場合、切って使えるトリポロンを寝ている間に貼っておき、日中はウィンクル・スポッツジェルを塗ってみてください。
効果は、傷あとの状態によって異なります。ほんの数週間で効果の見られる方もいれば、数ヶ月後に効果がでる方もいます。
使い続けているうちに、にきび跡がいつのまにか目立たなくなってきます。

参考サイトです。