ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 背中にきびのケア

背中のにきび|にきび跡の治し方

にきびは顔ばかりではなくて、背中や胸にもできます。

夏のプールや海でよく見かけるのですが、背中のにきびがVの字になっている人です。
そして、Vの字にきびができている人は髪が長い人がほとんどです。

背中や胸のVゾーンは皮脂腺も多くて、にきびが出来易いところです。
髪を洗う時、シャンプーが背中にかかっていないか注意してください。
シャンプーは髪や、頭皮の汚れを落とすために作られているので、背中の皮膚には刺激が強くて、これがにきびの原因になります。

洗い終わって濡れた髪を、背中に垂らしておくのもにきびを刺激するので、よくありません。
また、背中のにきびは、下着が原因になることもあります。
きついブラジャーなどを着けていると、汗がたまりにきび菌が繁殖しやすくなります。