ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 顔にきびのケア

洗顔はW洗顔で|にきび跡の治し方

にきびがあってもメイクは必要ですから、洗顔はメイクや肌の汚れ、皮脂などを落とすのに必要不可欠です。
そして、メイクの汚れはクレンジングで落とし、その後に石鹸などの洗顔料で洗うW洗顔が基本です。

私も一時使いましたが、クレンジングと洗顔がいちどにできる洗顔料もでていて、面倒臭がり屋には人気があります。
しかし、メイクの汚れと皮脂の汚れは違うものですから、同時に落とすには無理があります。
それに、このような洗顔料はかなり強い洗浄力がありますので、肌への刺激が強すぎる可能性もあります。
そして、一度に落とそうとしてつい力が入ってしまい、ゴシゴシ洗ってしまい肌を傷つけてしまいます。
やっぱり、W洗顔が基本ですね。

クレンジング剤には、ふき取るタイプと洗い流すタイプがありますが、ふき取るタイプは、どうしても肌をこすってしまいます。
こすることで、肌の表面に細かい傷がつき、くすんだ肌の原因となります。
にきびにもよくありません。跡が残る原因にもなります。
では、洗い流すタイプなら何でもいいのでしょうか。
「どうせ洗い流すんだから、クレンジングはどれでもいいでしょ。」
違いますよ。
クレンジング剤に含まれる油分などの成分のせいで、にきびが悪化することもあるのです。
クレンジング剤も慎重に選んでください。