ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきびについて

にきびとお化粧|にきび跡の治し方

にきびには、お化粧はよくない。」
「する時は、ファンデーションをつけずに、口紅やアイメイクのポイントメイク」

と言われていますが、皆さんはどうですか。
私もなんとなく分かるけど、にきびがあるからこそ、お化粧でカバーしたいのにと思います。

しかも、にきびができる年頃は、メイクにも興味を持ち始める年頃で、友達が流行のメイクをバリバリにしているのに、自分だけがノーメイクなんてつらいですよね。
実は、ノーメイクで外出するほうが、お肌には良くないのです。
紫外線、汚れた空気、乾燥など、これらの刺激からお肌を守るためにも、ファンデーションは必要です。

にきびがあるからこそ、しっかりガードしなくてはいけません。

そのためには、ファンデーション選びが大切です。
使われている「油」がポイントです。質の悪い油のファンデーションは肌を傷めますし、にきびにもよくありません。いいものを選んでください。