ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 顔にきびのケア

石けんで洗顔|にきび跡の治し方

私たちの肌は通常、弱酸性に保たれていることが理想といわれています。
テレビでも 「弱酸性の・・・・」という洗顔料をよく見かけます。

でも、「弱酸性」の洗顔料は汚れを落とす力、つまり洗浄力が弱いのです。
にきびが出来やすい方の肌はオイリーな肌質が多いので、洗浄力が弱いと間に合わず、皮脂や汚れを落とせず、にきびを悪化させてしまいます。

石けんは確かにアルカリ性ですから、そのままお肌につけっ放しにしておいたら、お肌にはよくありませんが、お肌に良い石けんで正しく洗い、洗い流せば中和されて、肌はもとの弱酸性にもどります。
つまり、すすぎをしっかりすればアルカリ性でも、問題ありません。
石けん選びに気をつける必要がありますが、石けんを敬遠する必要はなにもありません。
弱酸性の洗顔料が必要なのは、お肌の疾患があるなどごく一部の場合だけです。