ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

プラセンタエキスの美肌効果|にきび跡の治し方

胎盤から抽出されるプラセンタエキスに美肌効果があることが分かってきました。

◎老化を予防する:皮膚の血行を促進して、老廃物の排出をスムーズにすると同時に栄養をほきゅうします。真皮組織の機能を高めます。細胞の呼吸を活発にして、新陳代謝を高めます。
◎お肌をすべすべに保つ:古くなった角質層を融解して、スムーズにはがれるのを助けます。天然のアミノ酸が角質層の水分を保持します。
◎紫外線の害からお肌を守り、しみを防ぐ:メラニン色素を皮膚の上部に押し上げて、傷んだ角質や表皮とともに除去します。メラニン色素を作り出す際に働く酵素の働きを抑制することで、色素沈着を予防する。角質層の水分を保護して、日焼けなどによる保水性の低下を予防する。熱や紫外線による炎症を予防して、炎症が起きてしまった場合はこれを鎮めます。
◎にきび跡やきず跡をなめらかにする:にきび跡、きずによる欠損組織に対して、肉芽の形成を促進させ、欠損部分の再生を助けます。(古いものには効果が薄いをされています。)
◎アレルギーを抑える効果がある:皮膚をガードして、化粧品や紫外線などによって起こるアレルギーを予防する。

日本におけるプラセンタエキスの利用は、昔は中国から漢方薬として伝わり、現在では皮膚科や美容外科で美容利用、医療利用、更年期障害、老化予防などで使用されています。またアトピー対策としても注目を集めています。
利用方法は、医療ではプラセンタエキスを注射として使用する場合が多く、美容利用ではプラセンタエキスの原液を直接摂取する方法や、プラセンタエキスを様々に配合した化粧品として使われています。