ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

にきびをつぶす時は|にきび跡の治し方

女性には、にきびができたときに跡がのこるかどうかが気になります。
女性が、にきび痕として気にするものには、3種類あるようです。
◎色素沈着(シミのように黒くなるもの)
◎赤みが残るもの
◎クレーター
このうち、本当の意味でのにきび痕はクレーターです。
色素沈着と赤みが残るは、その上から日焼けをしなければ、お肌のお手入れ次第で消えていきます。
何年もかかる場合もありますが、消えるものは「痕」とは言いません。
根気よく、あせらずにビタミンC誘導体などが入った化粧品を使い、L-システインが配合されたハイチオールCなどを飲んでお手入れしていきましょう。

クレーターは化粧品で改善するのは難しく、レチノールなどが真皮のコラーゲンを増やすので有効とされていますが、目に見えて効果が分かるところまではいっていません。
皮膚科や形成外科でおこなうピーリングやレーザー治療などを受ければ改善できますが、まずはクレーターをつくらないことが大事です。

全ての方にクレーターができるかというとそうではなく、にきびができてもクレーターにならない人もいます。それは、体質・肌質の違いによるものです。
にきびの炎症が強くなる人、肌が厚くてかたい人はクレーターができやすいようです。

にきびができたばかりの初期の時に、上手に芯だけを押し出せれば、きれいに治ることもあります。
基本的にコメドは出しても問題ありません。爪で押し出すとばい菌が入りやすいので、コメドプッシャーという専用の器具を使ったほうがいいでしょう。薬局で販売しています。
コメドプッシャーが手に入らない場合は、綿棒を2本使って押してみましょう。
お風呂上りなどの、肌がやわらかくて清潔なときにそっと押してみます。
うまく出ないときは、そのままにしておきます。無理に強くおすことはやめましょう。