ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ピーリング用石けん|にきび跡の治し方

にきびを予防するために、規則正しい生活をして、食事にも気をつけても、どうしてもできやすい体質の方もいます。
そのような方は、毛穴を詰まらせないようにするケアを行うとよいです。

ピーリングという方法をおすすめします。
ピーリングとは、薬を使って古い角質をはがして毛穴を詰まりにくくする手法です。AHAなどの専用の薬品が配合された化粧品を使用して行います。
手軽にできるのが、石けんタイプのピーリングです。

◎最初に顔全体を軽く洗顔料で洗います。次に、ピーリング用の石けんをよく泡立てます。
◎にきびのできやすいおでこ、あごなどの部分に泡をのせて、泡をころがすように軽くあらいます。決して手のひらでゴシゴシと洗わないでください。洗った後は、ぬるま湯で石けんを流します。
◎デリケートな肌用の保湿効果の高い化粧水(ヒアルロン酸配合など)を使用して、保湿します。
◎洗顔後に外出する場合は、このあとに、パウダーファンデーションを塗ります。

肌が強い方なら、毎日使ってみてもいいと思います。肌が弱い人は、週に1回位使ってみて、お肌が慣れてきたら、徐々に回数を増やしていけばよいと思います。
ただし、使った後で肌が赤くなったり、ピリピリと痛みを感じた場合は使用するのをすぐにやめます。

アイアイメディカル社の”にきび予防ピーリング石けん”を紹介します。
こちらは、90日間使って気に入らなければ返金OK です。お試しください。

「大人のニキビ」はこれで撃退!ウワサのピーリング石鹸とは?