ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび予防の食事

玄米を試してみる|にきび跡の治し方

便秘がにきびに良くないのは、皆さんご存知ですが、その便秘を解消するにはどうしたらよいでしょうか。
規則正しい生活習慣を身につけるのが一番いいのです。
早起きして時間に余裕をもって、朝食を摂りトイレに必ず行きます。
時間がないからと、便を我慢していると便秘はよけいにひどくなっていきます。

また、食物繊維を多くとることも大切です。
そこでお勧めするのが、玄米です。
玄米には、鉄分、ビタミンB郡、各種ミネラル、そして水溶性と不水溶性の食物繊維がバランスよくふくまれています。
白米にする時に精米をしますが、このときに食物繊維が多く含まれている糠が削り取られてしまいます。
玄米は、胃と腸の中で膨張して腸の壁を刺激することで蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にして、老廃物の排出をスムーズにします。
便秘が解消されると腸の中のph(ペーハー)状態が良くなり、ビタミンB郡の合成が活発になってお肌によい影響がでます。

玄米だけでは抵抗がある方は、白米と玄米とを混ぜて一緒に炊くこともできます。その場合は、白米と玄米の割合を7:3にして水を少し多めに入れて炊くとおいしく食べやすくなると思います。
発芽玄米も、最近は手に入りやすくなりましたのでお試しください。