ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 化粧品の選び方・使い方

メイク落としはクリームか乳液タイプ|にきび跡の治し方

にきびがある時でも化粧をしないわけにはいかない場合もありますし、にきびができないようにお肌の状態を整えておくことが大切です。

メイク落とし(クレンジング料)の役目は、お化粧を落とすことです。化粧品には油が含まれていますのでこの油をクレンジングの油で浮き立たせて、水で落としやすくするのがはたらきです。
そのため、クレンジングには油を浮かせるための油分と、油と水の橋渡しをする物質である界面活性剤が入っています。
この界面活性剤は自然界にも存在しますが、その機能は合成したものより落ちます。クレンジングにもいろいろな種類の海面活性剤が使われています。なるべくお肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことがとても重要です。
でも、実際はどうでしょうか。
お肌のことよりも、落ちが早いものやシートタイプなど、手軽さで選んでいる方が多いようです。

◎現在主流になっているオイルタイプ:強い界面活性剤を含んでいることが多いです。顔中にオイルを塗るわけですから、最初から多くの海面活性剤をいれておかないと、水で落ちなくなってしまいます。オイルクレンジングはかなり昔からありました。舞台化粧のような強いメイクを落とすためのものでした。それを落ちがいいからと普通のメイクを落とすために毎日使っているとお肌が荒れてくるのは当然です。
◎ふき取りタイプ(シートタイプ):これらは、最も刺激が強いので、旅行先などでどうしても簡単にメイクを落としたい時だけにしたほうがいいです。どうしても、強くこすってしまい、表皮を傷つけてしまうからです。とくにウエットティッシュタイプは防カビ剤などが含まれているのでお肌への強い刺激になります。
◎クリームタイプ:お肌のことを考えるとおすすめなのが、油分の量が多すぎず、少なすぎずのクリームタイプです。軽いメイクの人なら乳液タイプもいいでしょう。そして、できれば敏感肌用のものを選んでください。にきびのある方はできるだけ刺激を与えないことを考えましょう。