ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび予防の食事

水分の取り過ぎに注意|にきび跡の治し方

にきびが気になる方は、外側からのケアだけではなく、身体の内からケアしていくのが大切です。
最近、水をたくさん飲む女性が増えているようです。
確かに、水はきれいで、ピュアなイメージがあるので、身体を洗ってくれるような気がします。
「身体の代謝がよくなる。」「体内の老廃物が排出される。」などと思って、ペットボトルの水を一生懸命に飲んでいる女性が多くいますが、でも本当にいいのでしょうか。

水は体内に取り込まれたあと、大腸から吸収されて、肝臓で尿が作り出されて体外に放出されます。
余分に飲めば、その飲んだ分だけ尿が増えるだけで、体内を浄化する作用はありません。
人間の身体は、複雑にできているので、水を飲んで洗えるなんて、まるで水道管を水で洗い流すようにはいかないのです。
胃腸も肝臓も腎臓も持っている機能には限界がありますので、飲みすぎた水は処理されなくなり、胃腸を壊したり、むくみを起こしたりします。食べすぎと同じように、飲みすぎも身体にはよくありません。
のどが渇いていないのに、水を飲むのは、満腹なのに食べ続けるのと同じです。
むくみから、当然お肌の代謝は悪くなるので、にきびができやすくなります。

正しい水の飲み方は、のどが渇いたときに、少し温かくした水をゆっくりと飲むことです。
冷たい水を一気に飲むのはやめましょう。この冷たい水を飲むのは、スポーツの途中での水分補給の場合です。ふだん飲むときではありません。
そして、どうせならにきびによいハト麦茶がおすすめです。ハト麦茶はお肌を水分を増やしてくれます。
また、ハーブティーもビタミンが豊富で、カフェインが含まれていないのでおすすめです。