ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび予防の食事

カフェインはひかえめに|にきび跡の治し方

朝、起きてコーヒーを1杯。出勤して1杯。ランチタイムに1杯。仕事中にも1杯。
1日に何杯もコーヒーを飲んでいませんか。
たばこやお酒ほど身体には悪くないように思われていますが、コーヒーに含まれるカフェインは興奮剤で神経に影響する薬です。
アメリカのカフェには必ずカフェインレスコーヒーがあるように、カフェインの取り過ぎは健康に良くありません。
お肌にはどうでしょうか。
昼間にカフェインを摂り過ぎると、夜の睡眠に影響するといわれています。睡眠中のターンオーバーによってお肌は再生されますので、当然お肌の再生を邪魔して老化を進めます。
特に夜8時過ぎにコーヒーを飲むと睡眠の質が下がるといわれるので、要注意です。

緑茶もカフェインを含んでいますが、ビタミンCやカテキンなどのお肌に良い成分も含まれているのでコーヒーよりはましです。ただし、身体を冷やす作用もあるので、飲みすぎには注意が必要です。
お肌のためには、コーヒーや紅茶は1日2杯までとして、あとはカフェインを含まないハーブティーにするとよいでしょう。お肌だけではなく、身体にとって役に立つ効果をもつハーブも多くありますので、その日の体調に合わせてみるとよいでしょう。
ゆっくりハーブティーを飲むのはリラックス効果もあるので、たとえばローズヒップのハーブティーはビタミンCがとっても豊富で、お肌にとっての効果も期待できます。
興奮した気持ちを落ち着かせるには、カモミールのハーブティーがおすすめです。リラックス効果があるので、不眠症の方が寝る前に1杯飲むとぐっすりと眠れます。