ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきびの原因

にきびが直らないのは

今から30年~40年前の昔だいたい1970年代頃は「にきびは青春のシンボル」と言ってましたね。
中学生高校生になればにきびができるのが当たり前で、できたときもまめに洗顔して清潔にしたり、それほどケアをしなくても20歳頃には不思議とにきびは消えていました。
もちろんにきび跡も残ることもほとんどありませんでした。
ところが、最近は20歳をすぎてどころか、30歳をすぎてもにきびに悩む方が増えています。
青春のにきびはおでこにできることが多かったのですが、20歳過ぎてからのにきびはあごの下にできることが多いようです。
もちろん、不潔にしているわけではなく洗顔料にも気を使って清潔にしているのに、なかなか治ってくれない。
そうです。いまできているにきびの原因は、お肌が不潔なわけではないのです。
1970年代と現在を比べてみるとにきびの原因が分かってくるのではないでしょうか。
○ストレス
○夜型の生活
○スナック菓子
○好きな物だけ食べる食事
どうですか。どれかに心当たりがあるのではないでしょうか。
これらに注意した食生活をすれば、お肌のターンオーバーにより自然ににきびは治っていきます。
人がもともと持っているパワーを発揮できるようにすることが大切です。
夜遅くまで、テレビを見ながらお菓子を食べていては、お肌に悪いのは当たり前です。
にきびもできるでしょうし、吹き出物もできるでしょう。