ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

大人のにきびとは?

最近増えてきた大人のにきび、悩んでいる方も多いようです。
大人のにきびは、思春期のにきびがホルモンバランスの影響があるのにくらべてそうでなく、お肌の角質層の機能が低下することが原因のようです。
脂性の肌の方より、乾燥肌の方に大人のにきびが多いのもそのためです。
お肌が乾燥することで、角質層の新陳代謝がうまく働かずそのために、角質の代謝物が毛穴に詰まってしまい、毛穴にいるアクネ菌を活発にしてしまうのです。
それでは、どうすれば大人のにきびを治すことができるのでしょうか。
一言で、これですという答えは残念ながらありません。ひとりひとり、お肌や体質、食事などにきびの原因が違うからです。
脂性の肌の人のにきびの原因は思春期と同様に皮脂の亢進にあることが多いようです。毎日に洗顔に気を使い皮脂を溜めないようにして、食事には動物性脂肪を控えるメニューを考えます。
乾燥肌の人は角質のお手入れが大切です。アクネ菌が住む毛穴に汚れなどを溜めないようにしながら、お肌の保湿のことも忘れないようにしましょう。
大人のにきびがひどい時には、ご自身のお手入れだけでは難しいところもありますから、皮膚科や美容外科で専門医に相談することも必要です。
診察の結果、にきびの原因が全く違うところにあることも考えられます。
ケミカルピーリングやレーザー治療など専門の方法も確立されていますので、大人のにきび治療に有効な選択肢の一つです。