ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 化粧品の選び方・使い方

にきびとメイク

にきびができた時のメイクは、皆さんはどうしていますか。
化粧品はにきびにあまり良くありませんよね。
ファンデーションも使いたくないし、できればノーメイクにしたいけど、それだと恥ずかしくて仕事に行けないし、困ります。
特に夏は日焼け止めも必要になってくるし、にきびって本当に面倒です。
ネットでいろいろと調べてみると、皆さんの意見が見つかりました。
○にきびができた時は、ファンデーションの代わりにパウダーを使い、帰宅したらすぐにメイクを落とすように心がけました。わたしの場合はこれだけでも、かなりにきびに効果がありました。
○にきびができた時には、メイクする前のスキンケアに時間をかけていました。皮膚科で出された薬をにきびに塗ってしばらく放置、少ししてからメイクをしました。下地は紫外線カットの効果があるもので少し色味があるものを使用します。そうすれば、その後にお粉をはたくだけでメイクは終了です。薄いメイクを心がけるのがポイントです。
○にきびができた時のメイク直しは、化粧水をコットンにつけてTゾーンなどの脂をふき取り、保護クリームを薄く塗ってその上からパウダーで押さえます。
○わたしもにきびの時のメイクには気をつけていました。ファンデーションはリキッドから、パウダータイプにして、チークもパウダータイプのものを選んでいました。パフを使うときも慎重にやさしく押さえるようにして、決してすべらせないようにしました。