ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

にきび跡と真皮組織

にきび跡を消すためには、肌について、
その構造を理解していかなくてはなりません。

にきび跡やクレーターは、肌の損傷が、真皮組織まで達してしまっている事から
発生するので、消すためには、この真皮組織を再生していかなければならないのです。

にきび跡をきれいに消すためには、真皮のコラーゲン線維を活性化させ、
さらには、弾性繊維に栄養素、酸素などを届けていかなければなりません。

根本的な部分から、にきび跡を消すことを考えていかなければならないのですね。
またこのにきび跡を消すには、真皮内に流れているリンパ液を促進します。

リンパ液自体が、細胞内に捨てられた老廃物、そして死んだ細胞を運ぶ目的がありますから、
この流れを良くする事が大切なのです。

また、にきび跡を消すには、真皮内に存在している線維芽細胞を
活性化させて行く事も大事だと言われています。
にきび跡を消すために、穴を埋めるのではなく、内部から再生させる。
と言う事を優先して行いましょう。