ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

にきび跡の治し方

にきび跡を、クリームなどによって治す方法もあると言われていますが、これは果たしてどの程度の効果があるものなのでしょうか?
にきび跡をクリームで塗りつぶしても、それは実際のところ、クリームで埋めただけであって、ほとんど効果はないと言えるでしょう。

にきび跡にはコラーゲンが効くと謳い、コラーゲンをにきび跡に使うように勧められている事もありますが、これも間違いなのです。
にきび跡を改善していくためには、コラーゲンも確かに必要なものです。
しかしながら、コラーゲンをサプリメントなどとして飲んだとしても、体内で分解され、結局意味のないものになってしまうでしょう。

そのため、にきび跡にはさらに効果がある、ビタミンCを摂取すると良いでしょう。
こちらも、にきび跡には、サプリメントよりも、実際の食物から取るほうが効果的だとされています。
サプリメントよりも、ガムを噛んでいた方が、ビタミンCの摂取量は多いというのは、少し現代を皮肉っているような現実です。