ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ニキビ跡は治る

ニキビ跡を治すために、コラーゲンが有効だとされています。
コラーゲンはニキビ跡の修復にその成分の効果を発揮してくれますし、お肌のはりを保ち、乾燥をふせいでくれますよ。
コラーゲンをたっぷり摂取して気になるニキビ跡を治したいですね。

しかし、コラーゲンを食べても、ニキビ跡が気になるお顔の部分まで充分にその成分が届けることができないというのが実情のようです。
食べ物は、吸収されやすい大きさになり、形になって、私たちの身体の隅々にまで運ばれます。
コラーゲンも、アミノ酸という小さな形になって吸収されやすくなって、私たちの身体の必要なところへ運ばれ、たんぱく質へと作りかえられます。

ということは、コラーゲンを食べても、直接ニキビ跡の凸凹に効果を発揮するということではないですね。

コラーゲンそのものを摂取するよりも、色々な栄養素が含まれる食事からコラーゲンを含む食品を上手に摂取し、健康的にニキビ跡も治して行くという方法を考えた方が良さそうです。

スキンケアをすることによって、赤く、或いは黒っぽくなってしまったニキビ跡は、日頃のスキンケアをきちんとすることで跡を薄くすることができます。
スキンケアに加えて、日頃からコラーゲンを含む食事、ビタミンを多く含む食事を摂るようにすることで、気になるニキビ跡は、良い方向へ向かっていきますよ。

美容整形などの治療を考える前に、まず、自分で出来ることからニキビ跡を治す方法にチャレンジしていきたいですね。