ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび治療薬

ニキビ跡と化粧品

ニキビが出来てしまっていたり、ニキビ跡が気になる場合、
どうしてもニキビやニキビ跡を隠したいと思いますから、
お化粧が厚くなってしまったりします。

ですが、ニキビが出来てしまっている場合、そのニキビを
悪化させてしまうとニキビ跡としてのこってしまうかもしれません。
なるべく、ニキビを悪化させないように、油性のクリームや
ファンデーションを使わないように、お肌に刺激の少ない優しい
化粧品を選びましょう。

また、お化粧をしている時間を減らし、帰宅後、クレンジングで
しっかりと洗い流すこと、そして、洗顔も洗顔料をしっかりと泡立てて
優しくお肌に乗せ、泡で洗うように優しく綺麗に洗うことが大切です。
すすぎもしっかりしましょうね。

また、ニキビ跡になってしまっている場合も、赤く、或いは黒っぽく
シミになっているようなニキビ跡は、毎日の洗顔やスキンケアに
よって少しずつ薄く目立たなくすることができます。
しかし、凸凹になってしまっている場合は、治癒は難しくなります。
専門医によるレーザー治療をするなどの手もありますが、
症状や担当医の治療方針にもよりますしリスクを伴うことも
忘れてはいけないことです。

また自宅で自分でできるピーリング剤などもありますね。
このピーリング剤もとっても効果的なものですが、使い方を
間違えてしまうと、さらにニキビ跡を酷くしてしまうこともあります。
ニキビ跡には紫外線は禁物ですし、ピーリングをした後のお肌に
紫外線を当ててしまうと、いっきにシミができてしまいます。

ニキビ跡やニキビに対する化粧品はさまざまなものが販売されていますが、自分のお肌にあったものを、試供品などを試しながら選んでみてくださいね。