ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 背中にきびのケア

ニキビ跡と毛穴

毛穴のあるところにはニキビは出来てしまいますよね。
そして、毛穴の細菌が繁殖し炎症をおこしてしまったりすると、
ニキビが化膿し、お肌の組織を傷つけ、ニキビ跡として残ってしまったりします。

ニキビ跡には、赤みを帯びているニキビ跡と、黒っぽくシミのように
なったニキビ跡、そして、クレーターのようにお肌の表面が
凸凹してしまうニキビ跡がありますが、お化粧で隠したり・・・
ニキビ跡で悩む人は皆さん苦労されているようです。

ニキビが出来やすい場所というと、皮脂分泌が盛んな顔、胸、背中などですね。
顔は洗顔を一生懸命しても、常に表に出ている部分で汚れやすいですし、皮脂分泌も盛んな場所なので、毛穴に汚れた溜まりやすくニキビが出来やすくなっています。

ニキビが出来やすい部分でもあるお顔は、ついつい触ってしまうので、感染を起こしやすく、炎症し、化膿しやすくなってしまいますね。
常に清潔を心がけることが必要ですし、布団をかぶって寝る癖がある人などは特に注意が必要です。

また、胸や背中のニキビに悩む人も多くいます。
特に背中は、自分では気がつかないことが多いのですが、化膿して
痛みを伴ってから気付く人もいますよね。
背中のニキビは、シャンプーやリンスがの成分がのこってしまっていたりするとニキビに細菌が入り込み、化膿したりするそうです。

ニキビ跡になっていても、背中は自分では気にならないのですが、
夏場など肌を露出するような服装をするときなど、人の視線が
気になったりもしますから、ニキビ跡にならないよう、早めのケアが
必要です。