ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

男性のニキビ跡

男性のニキビといっても、女性のニキビと大きな違いがあるわけではありませんが、男性の場合、重症化してしまってニキビ跡となってしまう人が多いようです。

男性の場合、女性と違って、お化粧をしませんから、お肌の条件としては女性よりも良いはずなのですが、男性のニキビが重症化することが多いという原因には、男性ホルモンが皮脂腺を活性化させるため皮脂の分泌が女性よりも活発であること、また、生活習慣などにより肌の清潔を保つことが難しいということがあるようです。

男性の場合も、ニキビ跡に悩む人は増えています。
まず、ニキビが出来てしまったときには、悪化させないようにすることが大切ですし、早めに皮膚科などで適切な薬を処方してもらい、
早くニキビを治すことが必要です。

ニキビの治療には健康保険が適応されています。
ニキビの薬というと、抗生剤の外用薬や内服薬が中心となります。
初期段階で、薬を塗るだけで早く治すという方法が、ニキビ跡を作らないためにも一番良いのですが、ニキビ跡を治す最新の治療には、
保険が適応されなくなってしまいます。

ニキビ跡を治す最新の治療というと、ケミカルピーリングや光治療、
トレチノイン外用による治療で、これらの治療には、保険が適応されず、治療費がたくさんかかってしまいます。

また、治療費などは問題にしない!と言う人であっても、ケロイドになってしまったニキビ跡や、深くえぐれてしまったニキビ跡は、
どのような治療をしてもお肌を元に戻すことはできません。

ニキビができてしまったら、早いうちに何らかのケアをしましょう。