ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ニキビ跡とシミ

加齢によって出来るシミと、ニキビ跡のシミは同じようなものですが、
違う部分もあります。

シミとは、紫外線A波が皮膚の真皮に到達してしまうことで
メラノサイトを刺激してしまい、メラニン色素が過剰に生成されて
しまうことによってできてしまうものです。

ニキビ跡のシミは、ニキビによって傷ついた皮膚に赤みが
残ってしまったり、その部分に紫外線が当たってしまい
黒っぽいシミになってしまったりするものです。

さらにひどいニキビ跡というと、お肌がクレーターのように
凸凹してしまい、取り返しのつかない状態になってしまうものも
あります。
凸凹になってしまったニキビ跡は、一生傷跡が残ってしまうため、
このニキビ跡で悩む人は多いですよね。

ニキビ跡を残さないようにするためには、ニキビを作らないように
することが一番ですね。
スキンケアをしっかりして、お肌を清潔に保つことはもちろんの
ことですが、食生活にも気をつけていきたいものです。

一般にシミにはビタミンCが良いとされていますし、お肌の代謝を
促すビタミンB群、免疫力を高めるビタミンA、皮膚の再生に
効力を発揮してくれる亜鉛が含まれる食材は魅力的です。
ですが、これらの栄養素にかたよるのではなく、バランスの良い
食事が大切ですね。

洋食よりも和食を、肉よりも魚を、お菓子よりも果物を取るように
心がけると良いでしょう。

また、お肌の再生は眠っている間が最も盛んになるそうですよ。
お化粧をしたまま眠ってしまうなんてことはいけませんし、
睡眠不足が続いてしまうのも良くありません。
規則正しい生活をすることが、ニキビ予防になりますよ。