ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

ニキビ跡ができやすいところ

思春期の頃、ドンドン出来るニキビをドンドンつぶしてしまっていた・・・と言う人もいると思います。

ニキビは青春のシンボルだっ!!なんていわれていますが、
この思春期の頃、ニキビをつぶす癖が付いてしまっていたり、
悪化させすぎてしまったりしていると、取り返しのつかないニキビ跡と
なってお肌に残ってしまいます。

ニキビ跡になりやすい場所というと、まずお顔だと思いますが、
お顔だけでなく、胸や背中などにもニキビ跡が出来てしまっているという人が多いのではないでしょうか?

ニキビは皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中などに出来てしまうことが
多く特に背中や胸などは膿を持ったニキビが出来てしまうことが
多いため、ニキビ跡となってしまうことが多いようです。

ニキビは、思春期以降になると自然と治まって来るのが一般的ですが、
大人になると、今度は食生活の乱れや生活習慣の乱れ、睡眠不足
やストレスなど、ニキビを引き起こす要因がたくさん出てきてしまう
ことから「大人ニキビ」に悩む人も多くいます。

そして、ニキビで悩む人の悩みとなっているのがニキビ跡ですよね。
ニキビの赤みは、スキンケアをきちんとすることで消えますが、
それでも半年ほどもかかってしまうことがおおく、毎日鏡を見るたびに憂鬱です。

また、ひどく化膿してしまったとき、凸凹のニキビ跡となってお肌に残ってしまうことがあります。
クレーターとなってしまうニキビ跡は、一生の悩みとなってしまいますね。