ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

ニキビ跡と大人の悩み

ニキビは決してつぶしてはいけないと言われます。

ですが、ニキビをつぶすことがいけないことではないのです。
皮膚科やエステなどに行くと、ニキビをつぶしてくれるところもありますよね。
つぶしても良いのです。

問題はその後です。
汚い手でニキビを触ったり、髪の毛が顔のニキビの部分にかかったりして
感染を起こすと、ニキビが化膿して酷くなります。

この化膿するニキビを繰り返していくと、赤みを帯びたシミのようなニキビ跡が
でき紫外線に当たることで赤みが黒っぽい感じになってしまったり、
ニキビ跡がさらに酷くなってクレーターのような凸凹のお肌に
なってしまったりします。

つまり、ニキビを皮膚科やエステでつぶしてもらったからといってニキビが
治るのではなく、その後の薬を塗ったり、お肌を清潔に保ったりするなどの
ケアが必要なのです。

自分でニキビをつぶしてしまった時、その手が汚かったりすると、ニキビが
化膿してしまい悪化してしまったりします。
悪化するとニキビ跡に・・・大人になってからも永遠に悩みの種となってしまいますよ。

大人になってからも・・・といえば、大人になってからの大人ニキビも厄介です。
思春期の頃のニキビと違って、なんだか治りも悪いですし、治ったと思っても、
完全に治りきらずに赤くなってシミのようになってしまったりします。

毎日のスキンケアと食事のバランス、ストレス解消、充分な睡眠、適度な運動・・・
ニキビのために、アレもこれも・・・気をつけなければならないことが盛りだくさんです。