ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ニキビ跡としみ

ニキビ跡としみは、紫外線が良くないようですよ。
紫外線を避ける工夫をしながら、ニキビケアをしていきたいですね。

ニキビが出来てしまい、そのニキビが化膿してしまったりすると、
ニキビ跡になってしまいます。

ニキビ跡には、クレーターのようにお肌が凸凹になってしまうものもありますが、多くは、赤みをもったシミのようなもの、或いは黒っぽくなってシミになってしまうものがあります。

ニキビ跡がシミのようになってしまったものは、紫外線を浴びないようにすることと、お肌に合った、刺激の少ないスキンケア化粧品でケアすることで、少しずつ薄くすることができます。

悪化させて、化膿させてしまうと、クレータのように凸凹になってしまい、取り返しのつかないことになってしまいますから、気をつけなければならないですね。

【洗顔の仕方も大切です。】

洗顔は、お肌に刺激を与えないように、優しい成分の洗顔剤を使い、
しっかり泡立てて、泡でなで洗いするようにしましょう。

ゴシゴシこすって洗ったり、つめを立てたり、すすいだ後、タオルで水分を拭き取るときには、タオルを押すように優しく拭くことが大切です。

また、毎日の食事も大切ですね。

シミによい食品というと、ビタミンCを多く含むもの・・・などと言われますが、バランスの良い食事をすることが最も大切です。

ニキビ跡は、一度なってしまうと治るまでに時間がかかりますね。
しかし、気にしすぎてストレスになってしまうと、そのストレスが新たなニキビを作ってしまうことにもなります。

気長に、でも、毎日のスキンケアはしっかりと続けていきましょう。