ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ニキビ跡と色

ニキビ跡とは、ニキビの後が赤くなってしまっていたり、
黒っぽくシミになっていたり、お肌の表面がクレーターのように
凸凹してしまっているものを言います。

【毎日のスキンケア】
ニキビ跡の赤みや黒っぽくシミになっている程度のものであれば、
多少時間はかかりますが、スキンケアを毎日キチンと行うことで、
薄くすることができます。

お肌に負担をかけることがないように、紫外線対策をしっかりすること、また化粧品やスキンケア用品もお肌に刺激の少ないものを選んでみてくださいね。

ニキビ跡がクレーターのように凸凹になっているものが厄介です。

傷跡と同じで、細胞組織まで傷ついていることがありますから、
化粧品で改善するという方法ではかなり難しいようです。

ですが、お肌の健康を保つことができるよう、毎日のスキンケアを
確実に、保湿に気をつけ紫外線対策をしっかりすることで、お肌の
再生能力がUPし、お肌の状態が良い方向に向かうと思います。

また、身体の中からお肌を健康にしていくことも必要です。

【ビタミンC】
お肌の状態をよくする為には、ビタミンCが良いとされていますが、
特定の栄養分にこだわるのではなく、やはりバランスが必要です。
睡眠不足はお肌に大敵ですし、喫煙や飲酒もよくありません。

また、お化粧でニキビ跡を隠したい気持ちも分かります。
なるべくお化粧をしている時間を短くすること、
そして、クレンジングでしっかりとお化粧を落とすこと、
洗顔でクレンジング成分もきちんと落とし、洗顔後はしっかりと
保湿することが大切です。

ニキビ跡の色って気になります。
赤いもの、黒っぽいもの・・・年齢も老けて見られがちですね。
ですが、スキンケア次第ですよ。
頑張りましょう。