ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび跡のケア

ニキビ跡とできものの違い

ニキビとできものの違いって何でしょう?

思春期の頃のニキビは「立派な」ニキビ、青春のシンボルなんて
言われますが、思春期を過ぎてからのニキビは「ふきでもの」
なんて呼ばれたりします。

【おでき、めんちょう】
ニキビとは、皮脂分泌が活発な部分の毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうためにおこるもので、例えば顔にできる「おでき」などは
「めんちょ」や「めんちょう」と呼ばれます。

ニキビでは発熱したりするなんていうことはありませんが、
「おでき」はひどくなるとリンパまで腫れたり、痛みや発熱を
伴う事があると言う点で、ニキビと「おでき」の違いがあるようです。

ニキビも「おでき」も酷く化膿してしまい、お肌に傷がつくと、
ニキビ跡、「おでき」跡というように、跡がのこってしまいますね。

クレーターのように凸凹になってしまったニキビ跡は治すのが厄介で、
美容整形や皮膚科などの専門医に相談することが必要です。

専門医がどのような治療を進めるかは、その医師の治療方針や
その人の状態にもよりますが、レーザーやケミカルピーリングなどの方法にはリスクが伴うことも忘れてはならないことです。

【悪化させない】
ニキビ跡を作らないため、「おでき」跡を作らないためには、
化膿してしまったニキビは、勝手に判断してはいけません。

皮膚科を受診し、適切な薬を使ったりするなどをして、それ以上
ニキビを悪化させないようにすることが大切です。

ニキビは思春期の男性、女性に限らず、大人の男性、女性にも
できるものです。

日頃の飲酒や喫煙、食事のバランス、睡眠、運動、そして、
スキンケアに気をつけ、まずはニキビをつくらないことが大切ですね。