ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきびについて

ニキビと清潔

ニキビ跡は、ニキビを悪化させてしまうと傷跡となって残ってしまいます。
そして、ニキビは、一度良くなってもすぐにまたできてしまうなど
厄介なものです。

【細菌感染】
ニキビを作らないためにも、そして、ニキビを悪化させないように
するためにも、常にお肌の清潔を保ち、手や髪の毛なども細菌感染の
原因とならないように清潔にしておくことが必要です。

顔を触る癖がある人や、枕カバーを何日も変えない人、
布団に潜って寝る人などは特に要注意です。

ストレスが溜まりやすい人、睡眠不足な人、飲酒や喫煙をする人は
皮膚に細菌が繁殖しやすくなりますから、注意が必要ですね。

また、女性はお化粧をしますよね。

そのお化粧もニキビの原因となります。

【厚化粧】
ニキビやニキビ跡をかくしたいがために、お化粧が厚くなってしまうと
お肌には悪影響ですし、洗顔してもお化粧がお肌に残っていると、
ニキビの原因となってしまいます。

化粧を落とす時には、クレンジングでしっかりと落としましょう。
その際のクレンジングもきちんと洗い流すことが必要です。

洗顔用化粧品やせっけんで、お顔の汚れをきちんと洗い流しましょう。

またニキビがある場合は、ニキビをひっかいてしまったりしないように、
慎重に洗うことが大切ですし、お肌に刺激のすくない洗顔用化粧品を
使って下さいね。

お化粧をおとし、洗顔した後は、しっかりと保湿しましょう。

化粧水で保湿し、美容液でさらに覆うようにします。
油分のないものが良いですね。