ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

おしりのにきびとは

【おしりにきび】
おしりのにきび、大丈夫ですか?できていませんか?

おしりのにきびとは、尾てい骨(びていこつ)の辺りに出来る
ニキビの事を言います。

おしりのにきびは、顔にできるにきびとはちがって、
症状に気が付かなかったりしますし、症状が強くなってしまってから
気付いて、椅子に座るときに痛みを感じたり・・・
治りにくくやっかいです。

治りにくくやっかいなのは、おしりのにきびはしっかり
根付いてしまっている芯があることがあります。

芯が根付いているおしりにきびは、ほおって置いてもなかなか
なおりませんし、無理やりつぶしてしまうと傷になり、
お肌を傷めることになってしまいます。

病院での治療が必要な場合もありますよ。

【病院で治療】
後々、悩みの種となってしまうニキビ痕をお尻に作らないように
するためにも、そして、早く治すためにも、病院で治療を受けると
安心ですね。

一度受診してお薬をもらっておくと、次回の時にはすぐに薬を
塗る事ができて、早く治ったりします。

おしりのにきびは、思春期以降に出来ることが多いですよ。

生活リズムをきちんと整え、食生活にも気をつけて、
おしりにきびを作らないように努力しましょうね。

また、毎日のシャンプーなどのヘアケア用品がおしりにきびの
原因になっていることもあります。

すすぎきれずに残ってしまった成分が、おしりにきびの栄養と
なってしまうのですね。
気をつけたいものです。

何はともあれ、おしりのにきびも、顔のにきびと同じように
出来てしまってもつぶさないのが原則です。