ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 大人のにきび

おしりのにきび跡

【食生活の乱れ】
おしりのにきび跡、出来てしまったにきびをつぶしてしまったり、
細菌感染してしまったりするとどうしてもできてしまいますよね。

おしりにできたにきびは治りにくく、にきび跡になりやすいです。
皮膚の部分が硬くなってしまったり黒ずんでしまったりしてイヤですよね。

おしりのにきびは、思春期以降に出来る事が多く、
食生活の乱れや、睡眠不足、ストレスなどが原因になります。

食生活を見直して、脂っこいものを控えめにする事や、
ストレスを上手に解消すること、睡眠不足にならないよう努力する事が必要です。

そして、お肌をいつも清潔にしておく事が良いのですが、
おしりの場合は、しょっちゅう洗ったり・・・できません。

汗をかいたときは、汗を拭いて下着を替える・・・と言う程度のことしか
できませんが、それでもやらないよりはやった方がにきび予防はできます。

【専門医を受診】
おしりのにきび跡を作らないようにするには、おしりにニキビが
出来てしまったとき、その根深い芯を取り除く事が良いそうです。

勿論、自分では難しいですし、細菌に感染してしまう可能性もありますから、
皮膚科など、専門医を受診しましょう。

また、芯を取り除いた跡も、細菌に感染しないように、しっかりと薬を使うことも必要ですね。

細菌に感染してしまうと、クレーターのような取り返しのつかないにきび跡になってしまうこともありますよ。

まずはおしりのにきびを作らないように努力すること、そして、
出来てしまったおしりのにきびは跡が残らないように対処することが大切ですね。