ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ 化粧品の選び方・使い方

ニキビ跡用の化粧品

ニキビ跡が出来てしまっていると、とっても憂鬱ですよね。
そして、ニキビ跡って、なかなか治らないので、
ストレスになってしまったりします。

ストレスが原因で、またニキビが出来てしまう・・・なんていうことにならないように、しっかりケアをしていきたいですね。

ニキビが出来てしまっているときのお肌のケアは、いつもよりも注意が必要です。

ニキビ跡になってしまうことがないようにニキビを悪化させないようにケアしたいですよね。

顔のニキビは、お化粧でごまかしたり、自分でつぶしてしまうなど、色々な方法でなんとかごまかそうとしてしまいます。

厚化粧をしてニキビをごまかそうとするとニキビに悪影響ですし、
つぶしてしまうとよけい化膿してしまい、クレーターのような
凸凹のニキビ跡になってしまうということにもなりかねません。

ニキビがあるときのお化粧は、例えばファンデーションはリキッドタイプよりも、パウダータイプのサラッとしたものがお勧めですし、
最近は、ニキビ用化粧品のファンデーションなども販売されていますから、そういったものを使うとニキビ跡に悩んでいる人も安心ですよね。

そして、なるべくお化粧をしている時間を短くすることが大切です。

クレンジングでしっかりとお化粧を落とし、洗顔で綺麗に洗う、
そして、しっかりと保湿することが大切です。

また、ニキビ跡用のスキンケア用品なども通販で買うことができますよね。
そういったものを使って毎日のスキンケアをしていくのも良いでしょう。

試供品などを使って、自分のお肌にあったものを探してみてくださいね。

にきびとメイク

にきびができた時のメイクは、皆さんはどうしていますか。
化粧品はにきびにあまり良くありませんよね。
ファンデーションも使いたくないし、できればノーメイクにしたいけど、それだと恥ずかしくて仕事に行けないし、困ります。
特に夏は日焼け止めも必要になってくるし、にきびって本当に面倒です。
ネットでいろいろと調べてみると、皆さんの意見が見つかりました。
○にきびができた時は、ファンデーションの代わりにパウダーを使い、帰宅したらすぐにメイクを落とすように心がけました。わたしの場合はこれだけでも、かなりにきびに効果がありました。
○にきびができた時には、メイクする前のスキンケアに時間をかけていました。皮膚科で出された薬をにきびに塗ってしばらく放置、少ししてからメイクをしました。下地は紫外線カットの効果があるもので少し色味があるものを使用します。そうすれば、その後にお粉をはたくだけでメイクは終了です。薄いメイクを心がけるのがポイントです。
○にきびができた時のメイク直しは、化粧水をコットンにつけてTゾーンなどの脂をふき取り、保護クリームを薄く塗ってその上からパウダーで押さえます。
○わたしもにきびの時のメイクには気をつけていました。ファンデーションはリキッドから、パウダータイプにして、チークもパウダータイプのものを選んでいました。パフを使うときも慎重にやさしく押さえるようにして、決してすべらせないようにしました。

メイク落としはTゾーンから|にきび跡の治し方

にきびがあってもメイクが必要な時があります。メイクの落とし方について説明します。
メイク落としはお肌へかなりの負担をかけますので、使うときは「量はケチらずに、使っている時間はできるだけ短くする」を心がけましょう。
メイク落としの量が足りないと、お肌をこすってしまい表皮を傷つけたり、メイクアップ料を落としきれずにお肌に残ってしまう可能性が高くなるからです。
お肌への摩擦はシミの原因になり、残ったメイクアップ料は油なので、お肌の上で酸化して過酸化脂質となって、お肌を老化させる原因になります。

まずは、メイク落としの量ですが、一度に使う量は手のひらに乗せたときに、クリームタイプならアメリカンチェリーくらいの大きさ、乳液タイプのようなドロッとしたものなら500円玉位の大きさを目安にしましょう。少し多めを心がけましょう。
次にメイク落としの使い方についてです。
最初に顔の中でも皮膚が強い部分の額と鼻を含むTゾーンからのせていきます。
メイクアップ料となじませたら、次は頬とあごのUゾーンにのばしていきメイクアップ料となじませます。
最後に、皮膚が薄くて弱い目もと、口もとにのばして、メイクアップ料となじませてからぬるま湯で洗い流します。
メイクアップ料となじませるときは、指の腹でやさしくお肌をさするようにします。
決して、ゴシゴシをお肌をこするようなことのないように注意しましょう。
とくに頬骨のあたりは、力が入りやすく摩擦によるシミができやすい部分なので、気をつけましょう。
また、メイク落としで毛穴の汚れも落とせると勘違いしている人がいて、とくに鼻のまわりやにきびのできているところをゴシゴシとこする人がいます。
メイク落としはメイクアップ料を浮かせるのが目的の化粧品ですから、毛穴の汚れまで落とすことはできません。
メイクを落としたあとは、洗顔をする(ダブル洗顔)ことが基本ですから毛穴の汚れは洗顔で落とします。

メイクは早く落とす|にきび跡の治し方

にきびを予防するには、お肌に負担をかけないのが大切です。
私たちが使うメイクアップ材のほとんどは油性ですから、長時間メイクをしたままにすると、皮脂と混ざり合っていきます。そしてそこにほこりや雑菌がついて、酸化がおこり過酸化脂質となります。
過酸化脂質がお肌に長く残っていると、活性酸素を発生し、細胞にダメージを与えます。
つまり、お肌の老化の原因になるのです。

ですから、メイクアップ材は必要がなくなったら、できるだけ早く落とす習慣を身につけましょう。
帰宅してから、ずっとメイクはしたままで、寝る前のお風呂タイムで落としたりしていませんか。
深夜遅くに帰宅して、メイクを落とさずに寝てしまうことも、ときにはありませんか。
これは最悪です。ターンオーバーが正常に行われません。

メイク落としの気力も残っていない場合は、せめて水で顔を洗っておくとか、おしぼり(できれば電子レンジでホットタオルに)で顔を拭いてから寝たほうがいいでしょう。
シートタイプのメイク落としはお肌への刺激が強いためあまりおすすめできません。

「メイクを落とさずに寝ちゃって、朝起きたら肌が荒れてしまって...」
よく聞く話です。確かにメイクをしたまま寝てしまうのは、お肌には最悪の行為ですが、肌荒れの原因はメイク落としの時間がないほど遅くまで起きていたり、遊んでいたりする生活の影響も大きいのではないでしょうか。

メイク落としはクリームか乳液タイプ|にきび跡の治し方

にきびがある時でも化粧をしないわけにはいかない場合もありますし、にきびができないようにお肌の状態を整えておくことが大切です。

メイク落とし(クレンジング料)の役目は、お化粧を落とすことです。化粧品には油が含まれていますのでこの油をクレンジングの油で浮き立たせて、水で落としやすくするのがはたらきです。
そのため、クレンジングには油を浮かせるための油分と、油と水の橋渡しをする物質である界面活性剤が入っています。
この界面活性剤は自然界にも存在しますが、その機能は合成したものより落ちます。クレンジングにもいろいろな種類の海面活性剤が使われています。なるべくお肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことがとても重要です。
でも、実際はどうでしょうか。
お肌のことよりも、落ちが早いものやシートタイプなど、手軽さで選んでいる方が多いようです。

◎現在主流になっているオイルタイプ:強い界面活性剤を含んでいることが多いです。顔中にオイルを塗るわけですから、最初から多くの海面活性剤をいれておかないと、水で落ちなくなってしまいます。オイルクレンジングはかなり昔からありました。舞台化粧のような強いメイクを落とすためのものでした。それを落ちがいいからと普通のメイクを落とすために毎日使っているとお肌が荒れてくるのは当然です。
◎ふき取りタイプ(シートタイプ):これらは、最も刺激が強いので、旅行先などでどうしても簡単にメイクを落としたい時だけにしたほうがいいです。どうしても、強くこすってしまい、表皮を傷つけてしまうからです。とくにウエットティッシュタイプは防カビ剤などが含まれているのでお肌への強い刺激になります。
◎クリームタイプ:お肌のことを考えるとおすすめなのが、油分の量が多すぎず、少なすぎずのクリームタイプです。軽いメイクの人なら乳液タイプもいいでしょう。そして、できれば敏感肌用のものを選んでください。にきびのある方はできるだけ刺激を与えないことを考えましょう。