ラパルレのエステ
二重まぶたの整形方法。二重まぶたになる為の方法を紹介

にきび跡を残さないためには、にきびについて知っておきましょう。
最近は、思春期のにきびだけではなく、大人のにきびも増えています。
また、にきびのできる部位も顔のおでこ以外にも、あご、背中、おしりなどのいろいろな場所にできます。
にきびの原因を知って、できないように予防して、できてしまったら対策をします。毎日の生活環境にも気を配りケアを心がけていきましょう。

◇ にきび予防の食事

ニキビを予防するには

ニキビが出来てしまい、その後がニキビ跡として残ってしまうと厄介です。
ですから、まずニキビを予防する必要がありますね。

にきびを予防するには、まず「洗顔」です。
といっても、適当に洗顔するだけでは、ニキビ予防はできません。
お化粧をしている人は、クレンジングでお化粧をおとしてから、しっかり洗顔しましょう。

洗顔料は、低刺激のものをしっかり泡立て、軟らかく泡立ってから、
お肌に乗せるように使います。
力をこめてこすったり、ゴシゴシするのはお肌のトラブルを招いてしまいますから、優しく丁寧に洗うようにします。
そして、洗顔料をしっかりと洗い流すことも必要です。

洗顔後は、お肌の保湿が大切です。
乾燥肌の人は特に保湿が必要ですね。
刺激の少ない化粧品を使い、しっかり保湿することが必要です。

また、洗顔だけでなく、ホルモンバランスの調節や規則正しい食生活、生活習慣によってニキビを予防することができます。

刺激のあるニキビが出来やすいおやつ(チョコレートやピーナッツなど)
や、油分が多いスナック菓子などがニキビの原因となると
言われていますが、実は医学的に根拠があるわけではないそうです。

ですが、摂り過ぎはやはり栄養バランスが崩れてしまいますから、
野菜をたっぷり取る食事に心がけ、栄養バランスに気をつけて
ニキビ予防をしたいものですね。

またストレスを上手に解消することもニキビ予防対策になります。
カラオケに行ったり、適度な運動をしたり、仲の良い友達とおしゃべりをするなど、上手くストレスを解消することができるとニキビの予防ができますよ。

ニキビを作ってしまい、ニキビ跡を残してしまうとなかなか治りません。ニキビ跡を残さないようににきびのケアをすることも必要ですしニキビを作らないように努力しないといけないですね。

カフェインはひかえめに|にきび跡の治し方

朝、起きてコーヒーを1杯。出勤して1杯。ランチタイムに1杯。仕事中にも1杯。
1日に何杯もコーヒーを飲んでいませんか。
たばこやお酒ほど身体には悪くないように思われていますが、コーヒーに含まれるカフェインは興奮剤で神経に影響する薬です。
アメリカのカフェには必ずカフェインレスコーヒーがあるように、カフェインの取り過ぎは健康に良くありません。
お肌にはどうでしょうか。
昼間にカフェインを摂り過ぎると、夜の睡眠に影響するといわれています。睡眠中のターンオーバーによってお肌は再生されますので、当然お肌の再生を邪魔して老化を進めます。
特に夜8時過ぎにコーヒーを飲むと睡眠の質が下がるといわれるので、要注意です。

緑茶もカフェインを含んでいますが、ビタミンCやカテキンなどのお肌に良い成分も含まれているのでコーヒーよりはましです。ただし、身体を冷やす作用もあるので、飲みすぎには注意が必要です。
お肌のためには、コーヒーや紅茶は1日2杯までとして、あとはカフェインを含まないハーブティーにするとよいでしょう。お肌だけではなく、身体にとって役に立つ効果をもつハーブも多くありますので、その日の体調に合わせてみるとよいでしょう。
ゆっくりハーブティーを飲むのはリラックス効果もあるので、たとえばローズヒップのハーブティーはビタミンCがとっても豊富で、お肌にとっての効果も期待できます。
興奮した気持ちを落ち着かせるには、カモミールのハーブティーがおすすめです。リラックス効果があるので、不眠症の方が寝る前に1杯飲むとぐっすりと眠れます。

水分の取り過ぎに注意|にきび跡の治し方

にきびが気になる方は、外側からのケアだけではなく、身体の内からケアしていくのが大切です。
最近、水をたくさん飲む女性が増えているようです。
確かに、水はきれいで、ピュアなイメージがあるので、身体を洗ってくれるような気がします。
「身体の代謝がよくなる。」「体内の老廃物が排出される。」などと思って、ペットボトルの水を一生懸命に飲んでいる女性が多くいますが、でも本当にいいのでしょうか。

水は体内に取り込まれたあと、大腸から吸収されて、肝臓で尿が作り出されて体外に放出されます。
余分に飲めば、その飲んだ分だけ尿が増えるだけで、体内を浄化する作用はありません。
人間の身体は、複雑にできているので、水を飲んで洗えるなんて、まるで水道管を水で洗い流すようにはいかないのです。
胃腸も肝臓も腎臓も持っている機能には限界がありますので、飲みすぎた水は処理されなくなり、胃腸を壊したり、むくみを起こしたりします。食べすぎと同じように、飲みすぎも身体にはよくありません。
のどが渇いていないのに、水を飲むのは、満腹なのに食べ続けるのと同じです。
むくみから、当然お肌の代謝は悪くなるので、にきびができやすくなります。

正しい水の飲み方は、のどが渇いたときに、少し温かくした水をゆっくりと飲むことです。
冷たい水を一気に飲むのはやめましょう。この冷たい水を飲むのは、スポーツの途中での水分補給の場合です。ふだん飲むときではありません。
そして、どうせならにきびによいハト麦茶がおすすめです。ハト麦茶はお肌を水分を増やしてくれます。
また、ハーブティーもビタミンが豊富で、カフェインが含まれていないのでおすすめです。

緑黄色野菜を食べる|にきび跡の治し方

にきびで悩んでいる方に「食事はちゃんと摂っていますか」と聞くと「はい、朝食も含めて1日3回食べています」という答えが多く返ってきます。
食事で大切なのは、回数ではなくその食事の内容です。そこで「食事の内容はどうですか」と聞くと「気をつけて、野菜を多く摂るようにしています」という答えが多いのですが、野菜の内容を聞いてみると、サラダで野菜を摂っている人がとても多くいました。
生で食べると確かにビタミンの損失は少ないですが、サラダに入っている野菜のビタミン含有量は多くはありません。
また、サラダは身体を冷やすので、とくに冷え性の方にはあまりお勧めできません。
にきびのことを考えると、いちばん大事なのは抗酸化力が強く、肌荒れや老化を予防するベータカロチン(ビタミンA)です。ベータカロチンを多く含むのが緑黄色野菜ですが、残念ながらサラダにはほとんど使われない材料です。外食でもあまりでてきません。

◎緑黄色野菜:おくら、かぼちゃ、春菊、にら、小松菜、しその葉、にんじん、芽キャベツ、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリー、さやいんげん、さやえんどう、パセリ

なので、緑黄色野菜を摂るためには自分で料理しなければなりませんが、時間がない方は冷凍食材を使用しましょう。旬の素材を瞬間冷凍しているので、意外とビタミンの損失は少なく、ほとんどのものは防腐剤を含んでいませんので、安心です。
電子レンジで解凍してそのまま食べられるものもあるので、上手に利用したいですね。
にきびの為には、一日100g摂取することが目標とされるビタミンCも緑黄色野菜には豊富に含まれています。
フルーツでビタミンを摂るように考える人が多いですが、フルーツは身体を冷やしますし、糖分も気になります。ビタミンCは、とくに白い野菜に豊富なので、キャベツ、カリフラワー、じゃがいもなどを1日200gを目安に食べて摂取するとよいでしょう。

玄米を試してみる|にきび跡の治し方

便秘がにきびに良くないのは、皆さんご存知ですが、その便秘を解消するにはどうしたらよいでしょうか。
規則正しい生活習慣を身につけるのが一番いいのです。
早起きして時間に余裕をもって、朝食を摂りトイレに必ず行きます。
時間がないからと、便を我慢していると便秘はよけいにひどくなっていきます。

また、食物繊維を多くとることも大切です。
そこでお勧めするのが、玄米です。
玄米には、鉄分、ビタミンB郡、各種ミネラル、そして水溶性と不水溶性の食物繊維がバランスよくふくまれています。
白米にする時に精米をしますが、このときに食物繊維が多く含まれている糠が削り取られてしまいます。
玄米は、胃と腸の中で膨張して腸の壁を刺激することで蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にして、老廃物の排出をスムーズにします。
便秘が解消されると腸の中のph(ペーハー)状態が良くなり、ビタミンB郡の合成が活発になってお肌によい影響がでます。

玄米だけでは抵抗がある方は、白米と玄米とを混ぜて一緒に炊くこともできます。その場合は、白米と玄米の割合を7:3にして水を少し多めに入れて炊くとおいしく食べやすくなると思います。
発芽玄米も、最近は手に入りやすくなりましたのでお試しください。

和食中心と6時間睡眠|にきび跡の治し方

にきびを治すのに、お肌の外側からだけ治療しても無理があります。
東洋医学では、”お肌は、内臓の状態を映す鏡”といわれています。
身体の中の状態が、全てお肌に現れてきます。

寝不足や偏食がにきびの原因というのは、みなさん良く知っていることだと思います。
まずは、しっかりと睡眠を取るのが大切、それも規則正しくとることが重要です。
寝不足や、週末の寝だめはよくありません。
毎日、最低6時間の睡眠はとるようにしたいものです。
そして、できれば0:00前には、ベッドに入るようにしましょう。

次に、食事も大切です。
欧米のような、動物性脂肪中心の食事よりも、和食中心でとりわけ”粗食”のほうが、お肌にはいいのです。
できれば、まずは、主食のごはんを白米から玄米に替えてみましょう。
玄米には、ビタミンB郡、鉄分、各種ミネラルのほかにも水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。
白米におかずをプラスして食物繊維やミネラルを摂ろうとすると、カロリー増加の心配がありますが、玄米ならカロリーを増やさずに食物繊維やミネラルを補うことができます。

また、抗酸化力をつけるために、ビタミンAとCが豊富な緑黄色野菜を摂ることも必要です。

コラーゲン&ヒアルロン酸たっぷりの鶏手羽|にきび跡の治し方

にきびは、女性にとって誰でも気になるお肌のトラブルです。
高額な一流化粧品でいくら外側からお手入れをしても、体の内部に毒素をためていたら効果も半減してしまいます。
例えば、ひ素が体内に増えると、シミや肌荒れが起こりやすいといわれています。

にきびのない素肌美人になるには、毎日の食事が大切です。
肌のリフレッシュに欠かせないのが、コラーゲンとヒアルロン酸です。
これらは、肌のハリとみずみずしさを生み出す原動力で、体内でも作られますが、不足しがちですので、食事で補うことはとても大切です。

鶏の手羽先には、このコラーゲンとヒアルロン酸が含まれていますので、から揚げにしたり、タンドリー風チキンにして食べるといいでしょう。
下味をつける材料に、デトックス効果のあるにんにく、しょうが、カレー粉なども使うと効果的です。